toggle
フリーランス秘書による[リモートワーク・サービス]
2021-03-07

乳がんと共に

ブログにお越しくださり
ありがとうございます!
ご縁に感謝いたしますニコニコ


ラナンキュラス
茎の角度とか咲き方とか可愛すぎるラブラブ

先週
私は乳がんに罹っている
ということが分かりました。

この結果を想定して
ここ数ヶ月を過ごしてきたので
大きく動揺することもなく…
落ち込むこともなく…

です。

ただ、今後のことを考えて
少し悩むこともありますが
ニュートラルな感じですニコニコ

このブログを読まれた方が
検査に行くきっかけになったり…
何かの参考になればいいな…
という思いで書いてみますね。

4年半弱前のマンモグラフィー検査*
で初めて「乳腺石灰化疑い」
という診断がつきました。
(*以降はマンモと言います)

その診断結果以降は
年に一回のマンモを受けて
経過観察をしていました。
(最近は半年に一回のペース)

去年12月のマンモで
石灰化が少し大きくなっている
ように思うから精密検査を
受けてみましょうということで
大学病院を紹介していただき

去年の12月下旬に
・超音波検査
・乳房針生検
を受けました。

年末年始を挟んだので
1月中旬に結果を聞きましたが

そのときは
がん細胞は見つからず

あー良かったー
と思いました照れ

ですが…担当医の先生は
これで安心とは言えないので
もうひとつ精密検査をしてみて
それでも見つからなかったら
経過観察にしましょうね~

ということで
マンモトーム生検を
2月中旬に受けました。
結構痛かった~えーん

2週間後に病院へ行き
そこで「乳がんでした」と
先生から告知されました。

思わず「えぇぇーーー」と
言ってしまいました。(笑)

大丈夫な気がしたんだけどなぁ…
という思いからの「えぇぇーーー」です爆  笑

ここで思ったのは
最初の精密検査で終わっていたら
がん細胞を見逃していた…
ということなので

しっかり検査をするのは大事だし
検査をして良かったなぁということです合格

そして、手術に向けての
いろいろな検査がスタート。

血液検査
MRI
心電図
乳腺撮影
遺伝子検査(これは任意)
麻酔科受診

現段階では部分切除の予定で
手術日は5月下旬で予約しました。
(将来変わる可能性あり)

手術のための入院が必要なので
仕事を数日休まないといけなくなり
契約先への確認も必要だなぁ…

保険会社への問い合わせも
しておかないといけないなぁ…
子供たちに
洗濯の仕方、ごはんの炊き方
簡単な家事を教えなきゃなぁ…

などなど色々と考えながら
でも普段通りに過ごしています。

初期の乳がんなので
見つかってラッキーラッキー
定期検査をしていたご褒美だよ
と担当医の先生のお言葉笑い泣き

痛みや体調不良などの
自覚症状もないです。

自然治癒という方法もあるよと
友人知人から教えてもらいましたが
(私も本を読んだことがあります)

それをするだけのエネルギーが
今はないかもなぁ…という心の声。

子供たちにも伝えました。
手術説明にも手術当日にも
長男次男一緒に来てほしいと
伝えたところ…

2人とも
「うん、いいよ」とのことグッド!

子供たちは17歳と16歳ですが
他に頼める人がいないので
子供たちにお願いしました。

私の中にがん細胞がいて
これも私の一部だよね…って
不思議と愛おしくもあります。

がん細胞はネガティブなものと
されているかもしれないけれど

私はそれを
悪いものにはしたくない
って思うんです。

じゃぁ、なぜ手術で取り除く?

自分の身体と心を整える
その作業だと思っています。

人は生まれてから今まで
ずっと同じ人はいないはず。

小学生の頃
中学生の頃
高校生の頃
20代の頃
30代の頃
40代の頃

その頃は
大事だったこと
必要だったこと
共にいたことが
成長すると…
過去に変わります。

洋服と同じです。
サイズが変わったり
好みが変わったり
しますよね。

だから
私の中にあるがん細胞は
私のその時の状態に合わせて
私の中で共にいてくれた…

と私は思います。

「今までありがとう」
という感謝の気持ちで
お別れしようと思いますニコニコ

皆さま
検診は行っていますか?

乳がん検診に限らず
健康診断は大切です!

皆さまも、私も
心地の良い毎日を
過ごせますように✨

皆さまの
心と言葉
心と行動
言葉と行動
を一致させて

ご自身の本当の望みを
叶えてくださいねおねがい

自分らしく幸せに生きていくための
「答え」は全て自分の中にある✨
関連記事