toggle
フリーランス秘書による[リモートワーク・サービス]
2020-04-21

過去を否定することは、今の自分を否定すること+自分発見Question (no.9)

ブログにお越しくださり
ありがとうございます!
ご縁に感謝いたしますニコニコ

ちょっと前、システムコーチングを
学んでいる友人に、長男と二人で
お試しコーチングをしてもらいました。

システムコーチングとははてなマーク

一般的な1対1のコーチングではなく
2名以上のメンバーで構成されたチーム
を対象としたコーチングです。
(カップル、夫婦、家族でも、もちろんOK)

1対1のコーチングと違って
チームの「関係性」が
望ましいものになるよう
コーチが働きかけるようです。

別のコーチ仲間は
病院の医者・看護師チームを
対象としたシステムコーチングを
していると言っていました。

普段はお互いの思っていることを
伝え合う機会が無いかもしれませんが
システムコーチングという場を利用して
コーチがチームの中に入ることにより
本音を伝え合ったり、相互理解をする
ことによって、チームの関係性が良くなり
結果、成果も上がるのかな…と思います。

(私は学んでいないので
詳しいことは分かりませんが)

話を、長男と二人で受けた
お試しコーチングに戻します照れ

コーチが、息子と私に対して
同じ質問をしていくのですが

その中に
「峰ちゃんが息子さんに対して
謝りたいことはありますか?」
という問いがありました。

その質問を聞いただけで
もうウルウル来てしまいえーん

だって子供たちには
謝りたいことだらけ…
いっぱいありすぎるし。

自分が離婚したことによって
彼らを振り回してしまったこと。

働き詰めで、家にあまりいなくて
二人に寂しい思いをさせてしまったこと。

子供たちが小さい頃は
金銭的にも余裕が無くって
節約のために、ジュースも
殆ど飲ませてあげなかったこと。

仕事が忙しくて
心身共にボロボロになり
心に余裕が無くて
子供たちに優しくできなかったこと。

仕事を優先して
子供たちのお遊戯会(学芸会)
に行ってあげられなかった時
があったこと。

子供たちが私に話を聞いてほしい時
ちゃんと向き合ってあげられなかったこと。
数え切れない、です。

時が戻るのなら、戻して
やり直したいくらいです。

それくらい
子供たちに謝りたいことが
たくさんあります。

長男個人
に対しての場合は…

彼が小学校低学年の頃
「俺、ピアノが習いたい」
と何度か言われたのですが

その時は

サッカーと公文を習っていて
ピアノの費用を出してあげる
金銭的な余裕がなかったり

仕事をしていたので
送り迎えもしてあげられない。

そもそもピアノを買えないし
万が一、誰かからもらえても
置くスペースが無いし…

と、ピアノは習わない方向での
言い訳ばかり並べていました。

そして、私の決めた優先順位です。
ピアノは、サッカーと公文の次という
当時の偏った私の価値観ですあせる

その後も、時々習いたいなと
言ってましたが、相変わらず
サッカーと公文で忙しかったり

少し私にも余裕ができたので
ピアノ習う?と伝えたときは
ピアノへの興味が少し失せてる
時期だったりして…

タイミングが合いませんでした。

ピアノのことも含めていろいろ
長男がやりたいことを優先して
やらせてあげればよかったな…と
最近までずっと後悔していました。

私自身コーチングを学んで
本当は何をやりたいのか?
本当はどうありたいのか?

ということを真剣に自分と向き合い
その答えこそが、幸せへの道だという
ことに気付いたので、子供の気持ちを
尊重してこなかったことに対しての
後悔も大きくなったのだと思います。

長男が中学生になってから
少しだけピアノ教室に通いましたが
別の用事で忙しくもなり続けられず

今はYoutubeを見ながら
自分で練習しているみたいです。

そんな姿を見ると、ますます
習わせてあげなかった後悔が
募っていっていました。

それをコーチングの時に
長男に伝えると、長男は

謝らないでほしい。謝られたら、
今の俺を否定することになるから。

まぁ、今の段階でピアノが弾けてたら
自分が理想としていたことが叶うから
完璧にはなるけど

でも俺は
今の自分が好きだし、満足してる。

ピアノを習わなかったから
その分サッカーに時間を使えて
頑張ってきて上手くもなれたし

俺は、これで良かったと思う。
今までの積み重ねで今の俺があるから。
だから、謝らないでほしい。

と言われました。

なんか、それを聞いた瞬間
私の中にあった重たい何かが
ボロボロボロボロ…と落ちて

その重たいものから解放されて
すごく楽になった感じがしました。

自分が思っていたよりも
長男は気にしていなかったんだ…

良かった…
と心底ホッとしました。

と同時に
自分が勝手に
自分を苦しめていた
ということにも気付きました。

システムコーチングを受けなかったら
長男の本音を聞く機会は無かったと
思いますので、機会を与えてくれた
友人には、本当に感謝しています✨

子供だと思っていた長男が
しっかりと自分の意見を持って
しっかりと自己肯定感を持って
成長してくれていることが分かり

泣きました笑い泣き
嬉し泣きですビックリマーク

過去を否定することは、
今の自分を否定することになるってことを
改めて、長男から学ばせてもらいました。

私自身、子供たちに対してのことで
後悔していること、たくさんあります。

でも今まで、一生懸命、精一杯
私なりに出来ることは100%やってきた
中でのことなので

このコーチングをきっかけに
過去の自分を否定するのはやめましたビックリマーク

システムコーチングを受けてみて
改めて思うのは、人の気持ちや考え
思っていることって、聞いてみないと
分からないもんだなぁ…ということ。

先入観や自分の視点で決めつけている
ことがあったりすることも多く(私の場合)
本音を教えてもらえるって貴重ですね。

今回のシステムコーチングは
友人の学びの宿題に付き合う形で
長男にお願いをして受けてもらったので
これで最初で最後だろうな。(笑)

これからは、モヤモヤしてたら
直接長男に本音を聞いてみようビックリマーク



ママ友が長男を見かけたよーと
写真を送ってきてくれました音譜
自分発見Question
のコーナーですビックリマーク

「もし1億円あったら
あなたは何をしますか?」

宝くじに当たったら何する?
の質問に似てますね。(笑)

もしお金に余裕があったら
本当にやりたいことをしよう!
って思えると思います。

それは
仕事だったり
趣味だったり
夢だったり
目標だったり

今は現実的な問題から
「本当にやりたいこと」を
忘れているかもしれません。

1億円あったら…音譜

ぜひ、心の中のご自身と
対話してみてくださいね!

自分らしく幸せに生きていくための
「答え」は全て自分の中にある✨
関連記事