toggle
フリーランス秘書による[リモートワーク・サービス]
2019-07-20

あなたにとっての「幸せな働き方♡」は、どんな働き方ですか?

2019.07.17

私の今の働き方

◇フリーランス
◇リモート対応
◇秘書

興味を持っていただき
お話を聞きたいとおっしゃって
くださる方が数名いらっしゃり

昨日は秘書をされている方と
お話をさせていただきました!

小さなお子様がいるママで
悩みを伺っていると…
昔の私を思い出しました。

私の子どもは年子
2人とも男の子です♡

1人が病気になると
たいてい時間差で
もう1人も病気になります。

なんなら、私にも
リレーのバトンが回ってきます!

会社員で
フルタイム勤務の時は

インフルエンザに罹ったら
もーー、どうしよーーって!
軽くパニックです。(笑)

上手にリレーしたら
2週間コースですから!

子どもたちが
高熱を出している時は…
仕事を休んでいましたが

平熱まで下がったら…
会社に行くこともありました。

熱がある愛する我が子を
1人家に残して、出社してました。

これを書いていて
心が痛くなりますね…

酷いことをしてたなって
ほんと、思います。

ごめんねって
今でも懺悔の気持ちが
湧いてきます。

子どもたちにとって
お母さんの代わりはいない
私が唯一の存在

お母さんを必要としている
小さな子どもたちなのに…

生活のためとはいえ
子どもが病気の時くらい
一緒にいてやりたかった。

いればよかった。

いたかった。

子どもたちも
私に、いてほしかったはず。

今は大きくなって
あまり病気もしなくなりましたが
今からでも遅くない!

リモートワークをしているから
仕事の合間に病院も行けるし
温かいご飯だって出してあげられる。

そして何より
子どもが私を必要とするとき

そばにいてほしいときに
ずっと一緒にいてあげられる。

昔は
会社を休むことによって
他の人に迷惑をかけてしまうこと
評価が下がってしまうんじゃないか
クビになってしまうんじゃないか
などなど…
いろんな恐れや不安がありました。
でも、今はリモートワーク✨
そういった不安と恐れから解放され
心が痛まない育児ができています。
核家族化が進み
孤独育児をしている人が多い現在。

ひと昔前は

親以外に祖父母や親せき
あるいは近所の人など
地域で子どもを育てるもの!

という考え方が
「普通」だったと思いますが

地域内のコミュニケーション
が希薄になっている現在は

働き方に対する
「考え方」や「仕組み」を
変えていく必要があると思います。

助けてくれる存在が
地域から → 仕組み
になる感じでしょうか。

私は今までの子育てと介護の経験から
リモートワークの必要性を感じています。

その働き方を
必要とする人が
必要なときに
柔軟に選択できる社会。

その働き方が不要になったら
(子育ても介護も一段落したら?)
オフィスワークに戻ることもできる
それも、柔軟に選択できる社会。

口で言うのは簡単ですね。(笑)

でも、きっと叶う、そんな社会✨

私にとっての「幸せな働き方♡」
を実現することができたので

皆さんにとっての「幸せな働き方♡」
も実現することができると思います。

そんな働き方、無理かも…って
ご自身の「幸せになる可能性」に
制限をかけないであげてくださいね!


関連記事